ゴルフラウンドレッスン|スコアアップの秘訣・・・NFゴルフクリニック

スコアアップに悩んだら・・・当スクールにお任せ下さい。

コースで良いショットを打つ為に練習場で意識する事とは?

July 4, 2016
約 1 分

コースで良いショットを打つ為に練習場で意識する事は?

練習場でボールを打つ時に何を意識して練習してますか?

スイングの事やリズム、ターゲットに対しての立ち方などいろいろ意識して練習していると思います。

それらはどれも必要で大事なのですが練習場のマットで打つ時に必ず意識しなければいけない事!

それはインパクトの音です。

コースの芝生と練習場のマットではぜんぜん違うのでボールの行方だけで良い悪いを判断してはいけません。

芝生の上で打つボールはライにすごく影響を受けます。

ボールが沈んでいたり逆目や順目、芝の長さ、芝の密集度などからボールの飛び方や止まり方が変わります。

少しでも手前からダフってインパクトすると距離は落ち、きれいにインパクト出来ても手打ちだとこれも距離が落ちます。

マットで打つ時にくらべ、インパクトの時の地面と芝の抵抗が大きいからです。

体をしっかり使ってインパクトで体重がしっかりボールに乗せていかないと負けて距離が落ちてしまうのです。

マットの上ではダフってもボールは飛びます。

むしろダフった衝撃でヘッドがマットを滑って加速し飛距離が出る事もあります。

手打ちでもマットは滑ってインパクトの抵抗が少ない為、影響なくボールは飛びます。

フェースの向きに関しても芝生とマットでは影響の受け方が違いマットの方が真っ直ぐ飛びやすいのです。

ボールをクリーンにヒットしてボールの先のターフを取りながら正しくスイング出来た時には芝生の上もマットの上も関係なく同じ良いボールが打てます。

それだけ実際コースでのショットはインパクト時のクラブの入り方やフェースの向き、ボールの当たり方などがシビアに要求されます。

練習の時からそれを理解した上で意識して練習する事が必要です。

その判断の仕方が音です。インパクトの時の音を意識して練習しましょう。

『カツッ!』とした音が正解です。細かく言うと『カツッ!』の後にマットを擦る『シュッ!』ていう音がするのが良いです。『バシッ!』や『ドン!』はダメ!

最初はトップと勘違いしてしまいやすいのですがボールの赤道の下のリーディングエッジが入ってきてその後ボールの先のターフを取って行くのがナイスショットです。

ボールに当たる前にマットの音がすればそれはダフりです。

ボールはナイスショットでも実際はダフりで芝生の上からでは飛びません。

マットからのナイスショットにしか過ぎず、そのままボールだけ見て良いと思って練習しているとそれはダフる練習をしているような事になってしまいます。

トップとナイスショットは紙一重!

アイアンの場合トップは良いですがダフりは絶対にダメです。

レッスンをしていると練習場では飛んでいるのにコースに行くとアイアンがだいたいショートしてしまうという方がすごく多いです。

 

練習ではインパクトの時のクラブの入り方、音を意識して練習しましょう!

レッスンメニュー

午前中練習(アプローチ、バンカー、パター、打球練習)昼食後9ホール、ラウンドレッスン 。練習したことを本番で試せる充実なレッスンプログラムです。 
18ホール、プロとラウンドしながらのレッスンです。状況別やコースマネージメントなどスコアアップに必要なアドバイスをさせて頂きます。
競技を目指すジュニアゴルファーやこれからコースデビューするジュニアまでレベルに合わせてレッスンします。コースでの実践練習でレベルアップしましょう。
競技を目指すジュニアゴルファーやこれからコースデビューするジュニアまでレベルに合わせてレッスンします。コースでの実践練習でレベルアップしましょう。
接待ゴルフや仕事上のお付き合いで恥ををかかない為のマナーなどをラウンドしながらアドバイス致します。もちろんスコアアップの為のアドバイスもさせて頂きます。 会社、企業様は是非ご覧ください。 
集中してゴルフが上手くなりたい方!短期合宿レッスンを企画しています。ご要望に応じてプランを作成します。 

最近の投稿

More