ゴルフラウンドレッスン|スコアアップの秘訣・・・NFゴルフクリニック

スコアアップに悩んだら・・・当スクールにお任せ下さい。

バンカーでのルールとマナー

April 11, 2017
約 1 分

バンカーに打ち込んでしまった時に、慌ててしまってバンカー内を走り回ったり汚してしまうのはマナーとしては最悪です。

ルールとしてはクラブのソールを砂に着けて時点で1打となるのでアドレスではソールを浮かせて構える様にします。

バックスイングの始動でもソールが砂に触れないように気をつけてショットします。

バンカーからボールを出す際には、一定の場所から入って、ショットした後には同じ場所から出るようにします。

出る際にはバンカーレーキを使って足跡を消すのがマナーのひとつです。

バンカーレーキを戻す場所は出来るだけボールが当たらない場所を選ぶ必要がありますが、どこに置いても飛んでくるボールはぶつかる可能性があります。

土手の際に隠すように置いておくとボールがぶつかる可能性が低くなり、他のプレイヤーの邪魔にならずに済みます。

ゴルフ場によってはバンカーレーキを立て掛けるスペースがあったり、芝の上においたりとルールが異なるのでその場に合わせる事が必用になります。

バンカーに入る際には、土手の低い部分から降りるようにして、ボールの後ろ側から入るように心がけます。

バンカーの土手は崩れやすいので、急いで高い部分から入ってしまうと土手を崩してしまう可能性があるので注意が必用です。

バンカーレーキを使用する際には、ピンに向かって真っすぐ押すようにする事で、次のプレーヤーがバンカーに入った際にショットしやすくなります。

レッスンメニュー

午前中練習(アプローチ、バンカー、パター、打球練習)昼食後9ホール、ラウンドレッスン 。練習したことを本番で試せる充実なレッスンプログラムです。 
18ホール、プロとラウンドしながらのレッスンです。状況別やコースマネージメントなどスコアアップに必要なアドバイスをさせて頂きます。
競技を目指すジュニアゴルファーやこれからコースデビューするジュニアまでレベルに合わせてレッスンします。コースでの実践練習でレベルアップしましょう。
競技を目指すジュニアゴルファーやこれからコースデビューするジュニアまでレベルに合わせてレッスンします。コースでの実践練習でレベルアップしましょう。
接待ゴルフや仕事上のお付き合いで恥ををかかない為のマナーなどをラウンドしながらアドバイス致します。もちろんスコアアップの為のアドバイスもさせて頂きます。 会社、企業様は是非ご覧ください。 
集中してゴルフが上手くなりたい方!短期合宿レッスンを企画しています。ご要望に応じてプランを作成します。 

最近の投稿

More